リコネクティブヒーリング

リコネクティブ・ヒーリングとは?


リコネクティブ・ヒーリングって何ですか?

リコネクティブ・ヒーリング
は、2006年に日本初上陸以来、急速な広がりをみせている過去に類をみない全く新しいヒーリングです。また便宜上、「ヒーリング」という名前がつけられていますが、「ヒーリング・癒し」を超えたレベルのものでもあります。

リコネクティブヒーリングは、1993年にロサンジェルスのカイロプラクティック医師エリック・パールによって発見されました。その後アメリカのアリゾナ大学など、多くの研究機関でその実在を証明されております。

リコネクティブヒーリングで用いられるエネルギーをリコネクティブ周波数と呼びます。この周波数に人々が同調・共鳴を起こすことにより、魂・精神・肉体のバランスが一瞬にして取れ、その人の全体性を持った癒しや進化が永続的に起こり続けるヒーリングです。

今の時代だからこそ人類がアクセスできるようになったリコネクティブ周波数とは、永い間地球に存在しなかった古くもありまた新しい周波数帯であり、あなたを本来のあなたへ、そして宇宙の本質である豊かさに再結合(リコネクト)させてくれます。

この周波数によって、本来のバランスを取り戻すことができるヒーリングのスペースに入り、今あなたに最も必要な癒しと光と情報が、確実に届けられると考えられています。海外では、代替療法としても注目を浴びているリコネクティブヒーリングは、いまだかつてないシンプルでパワフルなヒーリングです。


Dr.エリック・パールの言葉


「もし、あなたが幸運ならば期待した通りのヒーリングを受けるでしょう。

もし、あなたが本当に幸運な人なら、宇宙はあなたのためだけに特別に用意した、あなたの想像を超えたヒーリングを受けるでしょう。」



リコネクティブ周波数って何?

リコネクティブ周波数とは、非常にヒーリング効果の高い周波数(エネルギー)のことを言います。この周波数は大量のエネルギーと光と情報を運んできます。

ヒーリングを受けることによって、「光と情報」すなわち「愛と叡智」は、あなたの中にしっかりと内在することになります。

また、今までになかったこの大きな帯域幅により、現存する全てのヒーリングを全て包括してしまっていると言われています。



ヒーリング中にどんな事を体験するのでしょうか?



まず、かなりの確率で、「レジスター」と呼ばれる筋肉の不随意の運動が起こります。

レジスターはクライアントがヒーリングのスペースに入ったとみなされる現象で、プラクティショナーは、主にレジスターの観察者となります。

レジスターには、色々な動きが見られますが、ほとんどの方にご本人のご自覚がない程度から、目を瞑っているのが大変だったと言われる程度の「瞼の微細な痙攣」が起こります。

また、「体の一部が温かくなる・寒くなる」「圧迫感を感じる」「両手・両足に静電気のようなビリビリ感を感じる」「風を感じる」「においを嗅ぐ」「音楽や歌声を聞く」「眩しさを感じる」「指が勝手にピクピク動く」、「お腹が鳴る」、「唾を飲み込む動作をする」、「笑う」、「泣く」などの体験をなさる方もいらっしゃいます。

また最近ではとても少なくなりましたが「特に何も感じなかった」という方もいらっしゃいます。

いずれにしても、その時にその方に必要な場所に確実にヒーリングは行き届いています。



どんな結果を期待できるの?

私たちは、「肉体・精神・魂」が三位一体となって存在しています。
そのいずれかに不調をきたせば、肉体や精神に何らかのサインとして病気などが顕現されてきます。「病は気から」という言葉そのものです。

このヒーリングを受けると、その時にあなたに必要な「ヒーリング」が確実に起こります。それは、あなたが期待していた通りに起こるかも知れませんし、全く予想していなかったヒーリングになることもあります。

また、期待以上に素晴らしいものになることもあります。これは、宇宙の完全なる愛と知性によって引き起こされるヒーリングなので、あなたにも私にも「何が起こるのかは分からない」のです。また、私たちのレベルで期待したものと宇宙の知性の秩序が一致するかもしれませんし、そうでないかもしれません。

宇宙の知性は、その時にあなたに必要なものを惜しみなく与えてくれます。ヒーリングで何も感じなかったけど、後々になって「気がつけば、自分が変化していた」という報告が後を絶えません。

ヒーリングは何か特定の治癒を目的としたものではなく、バランスを取り戻し、本来の人としての豊かさを取り戻し、進化を加速させるものであり、あなたを全体性を持って癒していくものです。現在、とくに気になる症状や悩みなどがない人でもヒーリングによる恩恵を充分に受け取ることができます。




何回くらい受ければいいの?

Dr.エリック・パールが推奨する回数に対する考え方は下記の通りになります。

「全ての答えは、あなたの内側にあります。どうぞご自身の直感でお決めください。」

回数や間隔をプラクティショナーが奨めることはなく、全てクライアントの方にお決めいただいております。

通常、1回~3回でその人に必要なことは確実に起こり始めます。

(3回で十分ですので、4回以上は何回されても同じです。)

大抵の場合、一回でかなり十分な癒しを受け取られます。

ヒーリングは永続的に続きますので、メンテナンスのように定期的にお通いになる必要もありません。

なぜならば、これはプラクティショナーが「受け取った」リコネクティブ周波数にクライアントが同調・共鳴を起こすことによって起きる方程式のようなヒーリングですので、一度、同調・共鳴し覚えてしまったものは永く続くからです。



どんな種類があるの?

【対面ヒーリング】と【遠隔ヒーリング】があります。どちらも効果は全く同じです。

また、リコネクションというセッションがあり、こちらは一生に一度のセッションとなります。詳しくは、「リコネクションとは」をご覧ください。



セッションの流れ

  • 最初に、10~15分ほどゆっくりとご説明と質疑応答をさせて頂きます。
  • その後、30分間、マッサージベッドにあお向けになって頂き、そのまま目を閉じ、リラックスして頂きます。
    何か特別な体験をされるかもしれないので、なるべく眠らないようにお願いしています。
  • 「無」になる必要はありません。
    全身で、ご自身がどのようにリコネクティブ周波数を感じるのかということに意識を向けていらしてください。(そこに大切な要素が実は含まれています。)
  • プラクティショナーは、20cm~3mほど離れたところに手をかざします。プラクティショナーは期待を手放し、リコネクティブ周波数を受け取る事に専念して、周波数の導管または媒介者と化して、クライアントをヒーリングのスペースへとお連れします。お体に触れることはありません。
  • 30分のヒーリング終了後、体験をシェアしていただきます。
    (ヒーリングは一瞬にして起こります。時間が長ければ良いというものではなく、むしろプラクティショナーが飽きてしまうくらいなら短時間の方が好ましいとDr.エリック・パールは言っております。)
これで終了です。



セッションを受けるにあたって、注意事項はありますか?


現在、通院中でお薬を飲んでいらっしゃる方は、服用を中止していただくことは必要ありません。

どんな服装でも構いません。ベッドの上り下りに気になるようでしたら、女性の方はスカートよりは、スラックスなどの方が良いでしょう。

香水は、セッション終了後までつけないようにお願いいたします。これは、セッションでの体験で「何か良いにおいを嗅ぐ」ことがある方が少なくないので混乱しないためと、アロマなど香りの効果ではないと言うことを実感していただきたいからです。

水晶などのパワーストーンを身に付けていらっしゃっても構いません。

「無」になるように努力する必要はありません。ただリラックスして体験を楽しんでいてください。

「マントラ」や「祈り」をヒーリング中に唱えたりしないようにお願いいたします。



リコネクティブ・ヒーリングとリコネクションの違いは何ですか?



リコネクティブ・ヒーリングとリコネクション の違い… それは、目的の違いです。

リコネクティブ・ヒーリングの目的は、「癒し」と「バランス」です。また、「対面」「遠隔」「ギフト」などが可能で、本人の許可を必要とするものではないことも特徴です。

リコネクションの目的とは、ご本人のあらゆるレベルと再結合し、ご自身の本質を取り戻し、人生の目的や進化を加速させるものです。リコネクションは、2回1セットのセッションを受ける必要があります。


エリックパールインタビュー記事

「誰もが行える!新時代のヒーリングとは?」

http://www.cocorila.jp/column/column_20100210.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check