ウェルスダイナミクスとは

ウェルスダイナミクスはロジャー・ハミルトンの考えた、強みを活かして最短で冨を築いて幸せな成功者になれる考え方です。

考案者が語るウェルスダイナミクスの動画をまずはご覧ください。



動画でロジャー・ハミルトンが言っているように、成功者にはいろいろなタイプの人がいます。成功する為の考え方や方法はそれぞれに違っていますが、共通しているのは、自分の強みがなんなのかを知っていて、何にフォーカスすればいいのかも知っていたことです。だから成功しました。

つまり、自分の強みを知り、チーム中でチーム全員が他の人の為にどのようにして活動したらいいのかを理解すれば、成功は最短で訪れます。

ウェルスダイナミクスは、その強みを知ることができる最良のシステムのことです。



8つのプロファイル

簡単に8つのプロファイルをご紹介します。人は必ずこのどれかのプロファイルに当てはまります。

クリエーター(CREATOR)クリエーター(CREATOR)
商品から富を得る:
例)ビル・ゲイツ、ウォルト・ディズニー、松下 幸之助など
このプロファイルの人たちはビジョンを持ち、自分の推進力と新しいアイデアで、人を動かします。彼らは、自由に何かを生み出せる状況にあるときに、最大の「価値」を生み出し、生み出す余裕があればあるほど、よいものを創り出します。


スター(STAR)スター(STAR)
個人のブランドから富を得る:
例)マイケル・ジャクソン、マイケル・ジョーダン、長嶋 茂雄など
このプロファイルの人たちは創造力があり、外向的です。まわりの人たちの反応からヒントを得ます。自分が目立てば目立つほど、寛い だ気分になり、より多くのものを引き寄せます。他の人が生み出し、他の人が大きくしたコンテンツを、彼ら独自の形に変え、包装を施すことで財産を築くこと ができます。


サポーター(SUPPORTER)サポーター(SUPPORTER)
統率力から富を得る:
例)ジャック・ウェルチ、松岡 修三、森田 健作など
このプロファイルの人たちは社交的で忠誠心があり、ネットワーキング作りがとても上手です。自分が築いた「人間関係」と、自分が提供できる「エネルギー・熱意・時間」がサポーターの持つ価値です。


ディールメーカー(MAKER)ディールメーカー(MAKER)
取引から富を得る:
例)ドナルド・トランプ、孫 正義、坂本 龍馬など
このプロファイルの人たちは、人と話し、人に影響を及ぼし、人と交渉する能力を生まれながらに備えています。さらにタイミングのセンスもあります。彼らはマーケットで人と人をつなぎ合わせるチャンスを見つけることで富を創り出します。


トレーダー(TRADER)トレーダー(TRADER)
売買から富を得る:
例)ジョージ・ソロス、高田 明(ジャパネットたかた)など
このプロファイルの人たちは、五感的で、何かが起きたときにその出来事に反応します。そのため、三年計画よりも、日々の行動戦略を立てる傾向があります。変動している市場を見つけ出し、そこで驚異的なタイミングのセンスを活かすことで富を築きます。


アキュムレーター(ACCUMULATOR)アキュムレーター(ACCUMULATOR)
評価能力から富を得る:
例)ウォーレン・バフェット、イチローなど
このプロファイルの人たちは、ゆっくり時間をかけて下調べをし、何を蓄積していこうかを決めます。彼らはメンテナンスをほとんど必 要としない資産や才能を探します。またリスクを嫌い、ものごとをシンプルに保つのを好みます。彼らは得意分野を確立し、内在する価値を見極めることで、 「価値」を生み出します。


ロード(LORD)ロード(LORD)
キャッシュフローから富を得る:
例)ジョン・D・フォックフェラー、神田 昌典など
このプロファイルの人たちは、ものごとの細部が大好きで、倹約家として知られています。ロードは自分で資産を所有せずとも、その資 産からのキャッシュフローを絞りだすことができます。扱うものが商品であろうと土地であろうと、ロードは持ち前の忍耐強さと勤勉さで自分が見つけたキャッ シュの流れからお金を集めるます。


メカニック(MECHANIC)メカニック(MECHANIC)
システムから富を得る:
例)サム・ウォルトン、柳井 正(ユニクロ)、勝間 和代など
このプロファイルの人たちは、根気があり、何かを作るときには、できるだけ長持ちするように作ります。完璧主義者のため、常に自分のシステムの改善すべき点を探し、製品をさらに洗練させようとします。そのため、業務の効率化に専念することで富を生み出します。


プロファイルテスト

WDプロファイルテストは、自分のプロファイルをみつけるためのテストです。
テストを受けることによって自分に該当するプロファイルを発見できます。

自分のプロファイルを見つけた後は、それぞれのプロファイルに適した富づくりの戦略に沿って活動しましょう。

既にに持っている強みを「自覚」「確信」「強化」「表現」「活用」していくことによって、他との差別化が進み、ますます引き寄せを起こしていくことができるでしょう。
下記リンクからプロファイルテスト、簡易テストが受けられます。
プロファイルテスト

簡易テスト

プロファイルテストを受ける前に「お試し」してみたいなという方にお勧めです。

8つのプロファイルまでは細分化はできませんが、下記4つのタイプに分類し、WDスクエアのどこに位置するのかを推定するためのものです。

自由奔放型(右上)
人間重視型(右下)
秩序優先型(左下)
理論構築型(左上)

あくまでも、可能性として大まかな分類をするだけであり、上記「WDプロファイルテスト」の結果と異なる場合もありますのでご了承ください。

下記リンクからプロファイルテスト、簡易テストが受けられます。
プロファイルテスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check